忍者ブログ
毎日を楽しく過ごしたい! 自分自身を知って、自分を励ましてあげたい! 自分を主張したい! そう思ってもなかなかうまくいかないのが現実。 そこで少しでも前進するため、 「言葉のチカラ」を信じて。 毎日なんでもなんでもいいから 一つ以上、楽しかったこと、嬉しかったこと、幸せだったことを 書き綴っていこう!という、 これはひたすら前向きな「自分改革」(おおげさ?) プロジェクトである!
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/26 オク]
[09/25 かえで]
[09/25 オク]
[09/23 トモモ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
オク
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]
2017/09/20 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/04 (Wed)

今、寺山修司の「幸福論」を読んでいる。
その中に、「肉体論なくして幸福論は語れない」とあった。
スピリチュアルカウンセラーの江原さんは
「人は魂をみがくためにこの世に生まれてきた」
と言っている。
だとしたら、私たちは魂をみがくために、
この体を与えられた(もしくは選択した)のか、と思った。

私がかかっているパニック障害という病気は、
脳内のセロトニンがなんらかの異常をきたしているためではないかと
いう論が一般的だ(まだ原因は解明されていない)。

私の流産の原因は
子宮の血流が悪いことにある。

そして私はこの体からは逃げることができない。

私がこの体から解き放たれるとき、
それは死ぬときだけれども、
この体から解き放たれた瞬間に
私は私ではなくなる。

たとえば輪廻転生をしたとして、
別のものとして生まれ変わったとしても、
それはもう私ではない。

私は私のこの体とこの魂で「私」というひとつの生き物であるからである。

そう思ったら、
この世にたったひとつしかない
自分の体がいとおしく思えてきた。
大切にしよう、そう思えてきた。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]